<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
春の新色
イタリアで「オレンジカード」の導入が検討されているという。JRの同名のカードを想像してしまうが、そうではなくイエローカード(警告)とレッドカード(退場)の中間ということで一時的な退場を意味するのだという。退場時間を実際に何分にするかは未定とのことだ。
しかしまた、随分と近い色を選んだものである。イエローとレッドの中間となれば確かにオレンジがそれに当たるとは思うが。もっと全然違う色、例えば寒色系の青などにするという考えはなかったのだろうか。こう似たような色だと、直射日光やナイトゲームの逆光の下では見間違えてしまいそうだ。レッドを出して退場処分にしても、見間違えの所為で、10分もすれば平然とピッチに戻ってきてしまう選手もいるのではないか。そうなると当然主審は、お前はオレンジじゃなくてレッドなんだよと、もう一度レッドカードを見せて教えてあげなければならない。再び退場したその選手、それでもやはり見間違えていてその10分後に再度ゴキブリのように出てきたりしそうである。またその逆に、オレンジを出したのにレッドと見間違えて、時間になっても一向に戻ってこない選手も出てくるだろう。第四の審判あたりがその選手のシャワールームのドアを叩き「オレンジだったんですよ。聞こえますか?」と声を張り上げて教えてやったりしなければならなくなるかもしれない。

この一時的退場は、「シンビン」という名で既にラグビー等では一般的なものだ。ベンチに座って反省させられている感じがなかなかに間抜けな、でも有効な制度である。もし本当にサッカーへの導入が実現するならば、より御仕置きの意味合いを濃くするために、退場時間中には運転免許の違反者講習で見せられる交通事故のドラマのような、悪質なファウルの危険性を訴えるドラマを見てもらうのもいいだろう。ドラマの迫真の演技に感極まり、選手によっては涙を浮かべてピッチに戻ってくるかもしれない。

素晴らしい試合が、退場者の所為で一気に興味をそぐ内容になったりすることは少なくない(人数の減ったチームが、麻雀の「ベタ降り」の如く攻撃を放棄して守備に専念する等)。本当にオレンジになるのかどうかはともかく、新色のカードはそのような事態を減らすこともできる画期的なものになる可能性を秘めている。
[PR]
by sporting_emoto | 2009-02-25 22:53 | Football
Beautiful Name
スネオ  → ホネオ
ジャイアン → ジャイアント
シズカ → シズコ

これは私の父の言い間違えなのだが。これ程までではないにせよ、人の名前を言い間違える、あるいは忘れる、ということは誰にでもあるだろう。いざ呼びかけようとすると、その人の名前が出てこず、しばし考えて思い出した後に改めて話しかけるというような経験をお持ちの方も少なくないと思う。

イングランドプレミアリーグのニューカッスルの選手は、監督が試合後のテレビインタビューで、自身の名前を正しく発音しなかったことに腹を立て、他チームへの移籍を果たした(ウィガン・アスレチックへ)。
選手の気持は分からないでもない。言い分としては恐らく「監督にとって大事な選手であるならば、名前を言い間違えるはずがない。存在自体を軽んじているのではないか?」というようなことなのだろう。ただ、それにしてもこれはあまりにヒステリックな反応に思える。先述した通り、名前の言い間違えや覚え違いは誰にでもあることだ。チームを飛び出してしまうとは、やはり怒り過ぎではないか。
選手の名は「エンゾグビア」。若さ溢れるアフリカ系フランス人MFだが、実際覚えにくそうな名前をしている。ということで、「私は舌がよく回らず、しょっちゅう言い間違いをしている」と語った監督に同情したくもなる。

エンゾグビア選手との交換トレードにより、ウィガンからはテイラー選手がニューカッスルに移籍した。「テイラー」なら「エンゾグビア」に比べると格段に簡単な名前で、監督も呼び間違えの心配がないだろう。とは思うが、この監督のことだ。これも言い間違えて、ベイダーだのボイラーだのとやってしまう可能性はある。そうなればテイラーともさよならだ。いつしか、監督は名前を呼ぶことに恐怖を覚えるようになり、「おまえ」とか「あいつ」とか「右サイドのでかい奴」とか「中盤のハゲ」などとしか言わなくなるかもしれない。それはそれで選手の怒りを買いそうである。
[PR]
by sporting_emoto | 2009-02-04 22:33 | Football