<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
裸ンニング
大阪市内の中学校にて、PKに失敗したら校庭を全裸で走るという強烈な練習の行なわれていたことが判明した。この練習はサッカー部顧問の中学教師が考案したもので、実際に5・6名の部員が全裸でのランニングを敢行したという。

いかした顧問もいたものだ。この教諭によれば、全裸ランニングを強行した理由は「プレッシャーの中でPKを決めるため」であるという。なるほど、とんでもないプレッシャーだ。外したら全裸で校庭をランニングさせられるのだから、これは恥ずかしい。絶対にやりたくない。誰しもが何が何でも決めてやろうと思うはずである。
市立中学校ならば、おそらくは共学。意中の女子生徒がいる部員だっているだろう。ひとたびPKを外せば、そんな中を素っ裸で走らされるのだ。W杯やチャンピオンズリーグでも味わえないプレッシャーだと言える。CL準決勝でPKを外したアリエン・ロッベンにかかった重圧と同等か、あるいはそれ以上なのではないか。
裸走りをさせられた数人の部員は、きっとこの尋常ならぬ重圧に耐え切れなかったのだ。極度の緊張で、普段なら絶対にしないような失敗もあったかもしれない。ボールに乗っかってしまい、後方に転倒とか。そうしてコロコロと転がってきたボールをGKが申し訳なさそうにキャッチすると、即座に顧問からは「はい、裸な」などという非情な声が飛ぶのだろう。一糸纏わぬ姿で校庭を走り回る部員を見ているうちに、いたたまれなくなったそのGKも、着ているものを脱ぎ捨てて駆け出したりしていそうだ。
やはりこの練習は、PK技術習得のためになっておらず、あまり有効とは言えない。

全裸で走るべきは、中学生ではなくプロの菊池直哉だろう。世界が注目し、アーセナル入り間近までいった逸材が、淫行容疑で逮捕とは。復帰戦には丸裸の丸出しで出場し気持を見せてくれればよい。背番号は、タトゥーでよかろう。
[PR]
by sporting_emoto | 2007-06-13 14:55 | Football
絶対に学ばない馬鹿がそこにはいる
「この人もドイツW杯の南米予選に参加していました。
現在は、パリのサンジェルマンに所属している選手です。」

角沢がまたやった。
冒頭カギ括弧内はコロンビア代表DFマリオ・ジェペスを指しての角沢のコメントなのだが。
ジェペスはもう結構前からPSGの選手である。何故、殊更に「現在は」などとことわったのか。なんだか南米予選で大活躍し、その後にPSGへの移籍を果たしたかのようではないか。ジェペスのPSG入りは南米予選が佳境に突入する以前のことだ。
まあそのことはいい。別に間違いではないので問題はない。問題は「パリのサンジェルマン」だ。なんだそれは。「藤原の鎌足」とか、「山口さんちのツトム」とかそういうノリなのか。パリにあるサンジェルマンというチームやパン屋のようでもある。なんにせよ、ふざけすぎである。

パリ・サンジェルマンは近隣のサンジェルマン市とパリのチームが合併して設立されたクラブだ。「パリのサンジェルマン」では、その歴史が完全に無視されてしまうことになる。その程度のことは、検索すれば分かることだし、日頃サッカーに興味をもっていれば自ずと行き当たる。角沢がいかに不勉強で、いかにサッカーに興味を抱いていないかが改めて露わになった。

* * *

角沢はともかく、試合は素晴らしいものだった。
コロンビア代表の気迫あふれるプレーと迎え撃つ日本は一歩も譲らず、互いに攻撃も守備も実にアグレッシブ。スコアレスドローでも大いに楽める試合内容だった。スペースを作って使う、相手には作らせず使わせない。この作業が途切れることなく、双方共にチームとして行なわれていた。
これが当たり前なのだ。オシム監督とて当たり前のことをやっているのだから、やいやい言うなという気持なのではないか。こうした動きが、かつての日本代表にはなかったがために、まずは当たり前のことを実行できるチームにしようとしているに過ぎない。戦術を肉付けしていくのはそれからの話しだろう。

しかしやはり是非とも、こういうチームだからこそ玉田と田中達也の先発で見てみたいものだ。
[PR]
by sporting_emoto | 2007-06-06 14:41 | Football