<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ワールドカップ(クラブの)
日テレのクラブワールドカップの全てがちぐはぐな放送には目を覆わんばかりだった。
必要以上に特別な大会であることを煽り、特定選手の名前を挙げては我々に注目することを強要する。これはかつての解説、松本育夫氏と同じだが。
インテルナシオナルの17才、アレッシャンドレのどこからどうみてもオフサイドというゴールを検証しないどころか触れもしなかったのは、なんなのだ。注目選手にはオフサイドルールは適用されないのか。テレビ局ぐるみの八百長かと勘ぐりたくなる程に不自然だった。
アルアハリとインテルナシオナルの放送では、試合後の選手や監督の悲喜こもごもの様子を伝えつつ、突如ドラマ「14歳の母」の番組宣伝を映像つきで行ったりもする。番組最後に次週放送予定の番組を宣伝するというのは通常行っていることなのだろうが、そこまで大事な大会であるというのなら、今回ばかりは例外措置をとっても良かったではないか。

実況は最悪だった。もちろん角澤に比べてしまえば最高なのだが、話しを途中で切り上げることが異常に多く、視聴者を戸惑わせる。
上戸もひどい。アルアハリ×インテルナシオナルのハーフタイム、北沢の「アルアハリは初戦よりいい」というコメントに対し、「体と体のぶつかりあいでしたね」などとやる。台詞を決めてかかっているため、文脈が完全に無視されてしまっているのだ。「体と体のぶつかりあい」は「夢を与えて欲しい」とともに、上戸お気に入りのフレーズでかなり多用していたが、そもそも体と体をぶつけあわないサッカーの試合などない。そして観た限り、その試合の前半は特筆される程のフィジカル勝負だったわけでもない。口では夢を与えてほしいとか楽しみで仕方ないとか抜かしながら、クラブワールドカップはおろかサッカー自体に興味ありませんという感じが、2年目の今年もみなぎっていた。
そして、武田である。「サンパウロ」はまずい。サンパウロではない。インテルナシオナルだ。耳を疑ったが、2度までもはっきりと「サンパウロ」と言い放った。サンパウロは出場していない。興味の程度によっては、うろ覚えや勘違いで言い間違えるというのは我々にもよくあることだが、放送している側がそこを間違えてはならない。武田はもう何ヶ月も前から嫌になる程クラブワールドカップのことは語っているはずだ。なぜ、当日というこれ以上ない大事な場面で間違える。

放送内容は総じてひどいものだったが、試合自体は面白かった。岩本のプレイも見られたし、全北現代のサッカーは素晴らしかった。少ないタッチ数で、蹴って走る連動性の高いサッカーは、観戦していたオシムも楽しんだのではないだろうか。今後出場チームのレベル差が縮まって、より高いレベルの大会になることを期待したい。そのためにもまずは「クラブワールドカップ」という名前を改めるべきだ。この名前は、「ワールドカップ級に重要で注目の大会です」」と必死に説明している感があり、実に格好が悪い。「ワールドカップなぞ即席チームの大会だ、勝手にやらせておけ」というぐらいの気概で堂々と構えていれば良いではないか。だから、「クラブワールドカップ」などとはせず、「クラブ世界選手権」でいいのだ。ついでに言うと、「U-20ワールドカップ」も「ワールドユース」の方が絶対にイカす。
[PR]
by sporting_emoto | 2006-12-19 19:05 | Football
安易なパスワード
英国で最も多く使われているパスワードのトップ10というのが発表されたそうだ。
トップ10は以下のとおり。

1. 123
2. password
3. liverpool
4. letmein
5. 123456
6. qwerty
7. charlie
8. monkey
9. arsenal
10.thomas


いやはや、全てが安易だ。
ややこしいパスワードなぞ覚えていられるかという気概の伝わる作品ばかりである。その気持は非常によく分かるのだが。さすがに「123」はまずい。シンプル過ぎる。「シンプル・イズ・ベスト」が信条であったとしても、殊パスワードに限ってはシンプルはベストではない。2位の「password」というのもすごい。「password」を設定しろと言われて、「password」である。職業は何かと聞かれ「人間」と答える岡本太郎のようだ。そうでもないが。
堂々3位にランクインしたのは、欧州王者「Liverpool」だ。さすがの人気である。 2位の「password」が250人に1人という高い使用率であることから想像すると、リバプールファンの相当数がこの3位のパスワードなのではないかと思えてくる。前節のフルハムとのホームゲーム、ダメ押しの4点目を奪った瞬間に両拳をつきあげたアンフィールドの観客のうちのどれくらいがこのパスワードの所有者なのだろう。あるいは80%ぐらいに達していたりするのではないか。そうであれば、泥棒は試合中が狙い目だろう。大喜びしている間に、実に簡単なこのパスワードを入力し、ごっそりとやればよいのだ。この日のアンフィールドの客の中には、4点ゲットの4千ポンドロストという人もいるかもしれない。

しかしこのランキング、一体どのようにして調べたのだろう。
パスワードをアンケートで聞いたのだとは思うが、アンケートだからといって、あっさりと自らのパスワードを教えてしまっていいものなんだろうか。首位の「123」の使用者あたりには、名前や住所まで教えてしまう馬鹿もいそうである。
[PR]
by sporting_emoto | 2006-12-14 12:01 | Football
06シーズン最終節 三ツ沢
J2最終節、三ツ沢へ行った。驚きの満員である。入るのは当然としても、まさか当日券が売り切れるまでとは。とにかく人が多い。これだけの人数がうろうろしていると、場外も場内もフリューゲルスが試合をしていた頃の空気を醸し出す。選手入場時には、満員の客が白いバラを掲げるという演出もあり、実に華やかな雰囲気で、1部昇格が嘘ではないことを改めて思い知らされる。
試合は優勝と昇格に花を添えるホームチームの快勝であった。最後の試合にも関わらずディフェンシブな城彰二のポジショニングと見事なアシスト、鄭容臺の美しい左足ボレー。素晴らしい最終戦だったが、なにより印象深いのはやはり高木琢也監督の退場である。

85分。にわかに横浜ベンチ前が騒然とする。なにやら言い争っている様子である。なにが起こったのか分かりかねていると、しばらくした後、高木琢也がマフラーを高々と掲げてピッチを後にする。どうやら退場したようだ。第1節で監督退任、最終節で監督退場とは。リードした試合、試合終了を目前にし、後は栄冠を待つだけという状況で何を怒り狂っているのだ。どんな不利な判定にも、優勝チームの余裕で笑い飛ばしていられそうなものだが。最終戦の雰囲気に興奮し、気でも狂ったか。あるいは、アジアの空砲などと揶揄されていた頃の記憶が、なにかのきっかけでよみがえり激昂したか。

後で聞けば、そうではなかった。MF北村の解雇通知に奮起。なんとか北村に点を取らせたいという一念で、北村の受けたタックルがファウルとされなかった判定に対し、ペットボトルを蹴り上げて異議を表明したのだという。実にイカすではないか。
来期J1の開幕戦がベンチ入り禁止だったら笑う。
[PR]
by sporting_emoto | 2006-12-07 22:37 | Football
アスリートとして
慢性的な故障に悩まされている。曲げると親指が痛いという状態がもう長く続いているのだ。最近はとみにひどく、現在は全くプレイできない状態となってしまっている。
そこで先日、近所の外科へ行ってみた。ネット上には、その外科に関するHPや口コミの評判などが全くないため若干の不安はあったが、これから故障に立ち向かい共に戦っていくパートナーは近距離にいる方が良いと考え門を叩いた。
外科は古くて狭い、ただの家であった。病院とは書いてあるがそういう感じがまるでない。書道か三味線を習いにでも来たような錯覚に陥りそうな感じである。陥ってはいないが。その古家の狭い廊下に数名の患者が窮屈そうに腰掛け順番を待つ。かなり待たされた後、診療室に通された。

「どうされましたか?」という医師からの問いかけがあり、もちろん病状を説明せねばならない。やや躊躇したのだが、なに迷うことはない。正しい治療には正しい情報が不可欠なのだ。はっきりと「サッカーゲームで左手の親指が痛くなった。腱鞘炎ではないかと思う。」と告げた。小さな病院であるため、診療室内にいた顎を木の支えに括りつけたムチ打ちと思しき男にのみならず、院内に居合わせた全ての人に私の病状は伝わったはずである。
診断結果はやはり軽度の腱鞘炎であった。医師は丁寧に腱鞘炎がどのようなものかを紙で図解してくれるのだが、ムチ打ち男の面倒を見たり、受付やレジ打ちを行うために時折いなくなってしまう。スタッフはこの医師一人なのだ。看護婦、受付、精算業務など複数の役目を一人でこなす実にポリバレントな医師で、やけに忙しそうである。しばしば何から手をつけるべきか分からなくなり、立ち止まってみせたりもする。オシムのサッカーのように、頭が疲れるのだろう。
念のためにレントゲンをとることになった。レントゲン室は物置のようなスペースにあり、そこに行くためには一旦診療室を出て、順番待ちの患者の前を通過せねばならない。当然、患者達には「大層にもレントゲン撮影までしようというゲーマーはこいつか」と思われたはずである。「ゲーマーではない。フットボールプレイヤーだ。」と中指を突き立てて言ってやりたいところではあったが、そこはグッと堪えた。

治療はこの1回きりで終了となった。現在は外科で貰ったシップをつけ、復帰に向けリハビリの毎日である。今のところ、一向に変化は見られない。
藪医者だとは思いたくない。きっと自分の頑張りが今ひとつ足りないのだ。骨折から見事な復活を遂げたヤンキース松井秀喜は、バットを振ることへの恐怖心こそが復帰への最も大きな障害となったという。近いうち、勇気を出して十字キーを押してみようと思う。悠長になどしてはいられないのだ。来年の第2回アジア室内大会の代表選考会には、なんとしても間に合わせなければならない。
[PR]
by sporting_emoto | 2006-12-06 16:18 | Football