<   2005年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
日本 1-0 ブラジル
これしかない。マイアミよ、再びだ。ケルンの奇跡といこうではないか。

日本×ギリシャは、非常にいい試合だった。
なんだあの日本代表のプレスは。あんなディフェンスが出来るのなら早くやっとけよという感じだ。 中田の輝きときたらどうだ。ヒデさん完璧、素晴らしいの一言に尽きる。
そして玉田だ。最高。 何度もシュートを枠外に外したせいで、ドイツ専門紙の採点はかなり低かったようだが。シュートに至る過程、そして何本もシュートに持ち込めたこと自体を評価してほしいものだ。
一番しびれたプレイは後半60分頃。ハーフウェイライン手前から中田がシュートばりの速い楔のパスを入れたシーン。バウンドした高速の浮き玉で、トラップも難しいようなそのパスを玉田はいとも簡単に小笠原へワンタッチで落とし、そのまま全力でゴール前へ疾走する。結局ゴール前にたどり着く前に引っ張られて倒されるのだが。確かに倒さないと1点ものだった。あれは素晴らしかった。
玉田の大きな魅力の一つに、こういう場面での状況把握と判断の速さがある。無論それを活かせる技術の高さも。あの場面ではほとんどの現日本代表のFWの選手は、間違いなくとりあえずトラップしてとりあえずキープする。ゾルダーに至ってはトラップすらままならなかったはずだ。ボールに乗っかり、もんどりうって倒れ、頭を打って退場していたことだろう。
得点を挙げた大黒、外しまくった玉田ということで、世論は完全に大黒礼賛だが。決めた大黒は確かに素晴らしかったが、玉田だって負けないぐらい素晴らしかったのだと言いたい。

* * *

昨日見たリベルタドーレス杯準々決勝2nd.leg「リーベルプレート×バンフィエルド」も熱かった。
アウェイのバンフィエルドが、1点取れなければ敗退、でも1点取りさえすればベスト4進出という状況で、当然死に物狂いで攻める。カウンターを食らいながらも果敢に攻め続ける。特に元ボカのFWバリーホは敵愾心剥き出しでいい。90分間、マークについた選手全員を罵倒し続け、倒れている相手にボールを蹴りつけ、選手の尻の穴に指を差し入れる。暴れはっちゃく。あまりの悪行に笑わせられると同時に、気持ちが前に出すぎで感動させられた。
[PR]
by sporting_emoto | 2005-06-21 22:54 | Football
(無益)
さわぐな香取。うるせえぞ角澤。

日本代表がW杯本大会出場を決めた試合は友人、ファン・ロマン・コビルメ氏のホーム「コビリツ」にて観戦した。
いや小さい、小さい。コビリツ小さい。画面が小さくて映りも悪い。無観客試合でスタジアムに入れないことを分かっていながら、それでも「気持ちだけでも伝えたくて」などと、タイに赴いた代表ファン。彼らも馬鹿げているが、コビリツを選択した私はさらに馬鹿だった。猛省したい。
試合内容は、小さくてよく分からなかったが、ゾルダー鈴木を下げたジーコは素晴らしかった。ジーコに「巧」!
まあでも、スタメンで使ってなければ済む話しなのだが。いや、そもそもゾルダーなんか召集してんなよ。 やっぱりジーコに「喝」!
ゾルダーよりセンスがあって戦力になる選手はその辺にゴロゴロいる。
平山相太、播戸、黒部、田中達也、前田俊介、大島、高松、カズ、ゾノ、ハクサイ、椎茸、ニンジン・・・。
特に「一人なのにバンド」の播戸竜二の昨シーズンの得点は17。代表に定着した玉田より全然多く得点しているのだ。
代表にリーグで活躍した選手を呼ぶべきという考えであるなら、20得点の大黒とさして変わらぬゴール数の播戸を放っておく手はない。
ちなみにオランダに挑むU-20の選手達はGKを含む全員がゾルダーより上手い。せめて一人ぐらいA代表で見たい。
やはりジーコには「喝」だ。

*  *  *

以下はサポティスタのタレこみより。

World Soccer WE9情報
・8/4(木)発売
・オンライン対応
・ジーコと中村俊輔がイメージキャラ
・実況はおなじみジョンカビラ、解説は北澤豪
・新ポジション「ウイングバック」と「セカンドトップ」を導入
・天候に「雪」を追加(選手の息も白い)
・対人戦試合結果を20人分まで保存可能
・データ送受信の最適化でネットワーク対戦がより快適に
・コンペティションではMLチーム同士での対戦が可能
・親しい仲間同士でネットワーク対戦を楽しむ機能を追加   

ほぼ、どうでもいい。
最も知りたいのは「スルーパスを出したプレイヤーのワンツーダッシュ」が出来るようになっているかどうかなのだが。
[PR]
by sporting_emoto | 2005-06-09 23:44 | Football