カテゴリ:Football( 81 )
ヒアカムズシンジサン
小野伸二がJリーグに帰ってきた。今季より清水エスパルスでプレーしており、現在リーグ2位と好調のチームで、見事な活躍を見せている。今後小野がさらにチームにフィットすることになれば、エスパルスはひょっとしてひょっとするかもしれない…。

新チーム合流後、小野は練習中に若手選手から「シンジさん」と呼ばれることに苦言を呈し「ピッチではシンジでいい」と伝えたという。付き合うことになったばかりの、それも結構ノリノリなカップルのセリフのようだが、一瞬の判断の遅れで局面がガラリと変わるサッカーにおいて、呼び名の「さん」を省略するのは割と普通のことなのだそうだ。
それでもやはり若手選手はどうしても「シンジさん」と呼んでしまうのだという。当然だろう。何せ相手は世界の小野伸二である。少年時代より類まれなるテクニックで天才の名をほしいままにし、浦和レッズにて衝撃的プロデビュー、2戦目にしてプロ初得点。各年代別で代表選手に選出され、若干18歳でW杯出場、ファーストタッチで股抜き。そして長きに渡るオランダリーグでの活躍、かの地で「ベルベット・パス」と名付けられた両足から繰り出される柔らかで高質なパス、数々の芸術的なゴール、ロッテルダムの太陽、チャンピオンズリーグへの出場、UEFAカップへの出場(そして優勝!)、怪我の多さ故に実現はしなかったが数多の欧州巨大クラブが本気で欲しがった男、こうした強烈な実績を前にして、「シンジ走れ」だの「シンジ、よこせ」だのと言い放つことは、なかなか出来たものではない。若手選手は呼び捨てにしなければならないことが重荷となり、そのストレスでプレーに集中することなどできないはずなのだ。内気な選手の中には、意を決して「シンジ」と呼んだ直後に、まるでお笑い芸人のように、顔を歪ませ「さん!」と叫ぶ者だっていそうである。あるいは小野には全く聞こえないような小さな声で「シンジ」と呼ぶ者や、ヤケクソになっていっそ名前を呼ぶまいと決意し、プレイ中に小野との一切の関わりを持たないことになる選手もいるかもしれない。

「シンジサン」は5字。「シンジ」に「サン」という2字をプラスしただけだ。この2字を発声している間に一体なにが起こるというのだろう。局面を変えてしまうようなロスになるとはとても思えない。どうしても問題があるということなら、完全なる余計なお世話だが、「オノサン」か「シンサン」がベストであると考える。特に後者は、2つの撥音がリズミカルで実に言いやすいではないか。

今季の清水エスパルスにとって、小さいようでいて大きいようでいて、やはり小さい問題である。
[PR]
by sporting_emoto | 2010-04-21 22:37 | Football
N/W
Jリーグ準加盟のニューウェーブ北九州が、来季からチーム名を「ギラヴァンツ北九州」に改めると発表した。変更は、現名称の「ニューウェーブ」が既に他社で登録済みだったことに因るものであるそうだ。
Jリーグ入りに際し、それまで使用していたチーム名称が商標登録済みだったために変更を余儀なくされたという例はしばしばある。福岡や仙台や大分や熊本などがそうで、その新名称は全く新たなものを設ける場合もあれば(福岡ブルックス→アビスパ福岡、ブランメル仙台→ベガルタ仙台 等)、以前と似た響きのものにする場合もある(大分トリニティ→大分トリニータ、ロッソ熊本→ロアッソ熊本 等)。北九州は前者の方法をとった。それも、とびきり印象の違うものを用意してきた。
ギラヴァンツ。なんだか円谷怪獣のようで、口から火を噴いて飛んで行ってしまいそうだが、これもやはり造語であるらしい。イタリア語で「ひまわり」という意味の「Girasole」と「前進する」という意味の「Avanzare」を組合せたものだそうだ。Jリーグ入りを目指すにあたり、決まってつけられるラテン語系の造語である。

心底残念だ。何故なら「ニューウェーブ」というシンプルな名前が、実に格好いいからだ。初めて聞いた時には大きな驚きを覚えた。ラテン語系ではないこともそうだが、何よりこの一般的な言葉がサッカーチームの名称に使われていることに驚いたのだ。「ニューウェーブ」となれば、やはりどうしても70年代末期から80年代初頭にかけての音楽が思い浮かぶ。そうなると、その音楽のように先鋭的なサッカーも想像してしまうのだ。真っ黒のピタピタのシャツに身を包み、妙ちくりんな髪型をした選手達が、これまで見たこともないようなサッカーを展開する光景。ニューウェーブだから、なんでもありだ。キックオフ直後に、いきなり自陣ゴールに思いっきり蹴り込んで1失点してしまうような狂った奇襲だって仕掛けるかもしれない。相手は気味が悪くなって、以降90分間まともにプレー出来なくなるだろう。

確かに今回は商標登録されていたことによる名称変更だから、止むを得ないことではある。とはいえ、なにも「ギラヴァンツ」でなくても良かったのではないか。そんなおかしな造語でなくともやりようはあった。例えば「ノーウェーブ北九州」などはどうか。「ニューウェーブだめ、じゃあノーウェーブ」という判断だ。あるいは他にも「ニューロマンティックス北九州」や、「ポストパンク北九州」、「パワーポップ北九州」、「ハードコア北九州」、「北九州シティ・ハードコア」なども考えられる。
なお、新チーム名称には、「常に前進を続けるチームでありたい」という願いも込められているという。であれば、「プログレ北九州」などもありか。ギラヴァンツ以上に恰好悪い。
[PR]
by sporting_emoto | 2009-10-05 22:33 | Football
三条適用か
Rマドリーへの移籍を果たしたクリスティアーノ・ロナウドが、自国ポルトガルのしつこいパパラッチに怒り、パパラッチの乗っていた車を蹴飛ばしたそうだ。パパラッチの執拗な追跡はすさまじいものだったようで、腹の立つ気持ちはよく分かるのだが、追われたことがないから本当は分からないが、車を蹴っ飛ばしてはまずかろう。なんせ彼のキック力は半端ではないのだ。車を蹴っ飛ばすのは誰がやってもいけないことだが、彼がやっては特に悪い。車は無回転で飛んでいき、大破してしまう。
今年1月には交通事故で自身のフェラーリを大破したにも関わらず、無傷で不問に付されたこともあった。事故を目撃した男性は「フェラーリが壁に突っ込んだと思ったら、中からC・ロナウドが出てきた。」と驚いていたという。今回のパパラッチの車も、報道はされていないが、実は木端微塵に砕けてしまっているのかもしれない。

これではまるでアトムやターミネーターといったサイボーグ人間のようだが、クリスチアーノ・ロナウドに関しては、本当にそうなのではないのかと思えてもくる。人間離れしたプレーはもちろん、目つきといい肌の質感といい、全体的に醸し出す雰囲気にもどことなくそんな感じがある。あの強烈なヘディングは体内の加速装置の為せるものであり、爆発的なスピードは、背中から噴射されるジェット気流によるものなのではないのか。ハーフタイムには、マッサージをして体をほぐすチームメートを尻目に、体の隅々までメッキを塗りたくり、どす黒い潤滑油を飲み干しているのではないか。

ともかく彼は自分が普通ではないことを自覚し、ピッチ外での行動には十分注意を払うべきだろう。

***

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
(アイザック・アシモフ、ロボット3原則)
[PR]
by sporting_emoto | 2009-07-06 00:51 | Football
起源南郷
「ヴァンラーレ八戸」というチームがあるらしい。同チームがユニホームパートナーとなる企業との契約を発表したとの報道で、先日知った。
「ヴァンラーレ八戸」は2006年に八戸工業SCと南郷FCが合併して発足したサッカークラブで、現在東北2部リーグに所属する。Jリーグを視野に入れており、昨年末には公式にJリーグ参入を目指すことを表明したそうである。それもあり、当然のようにチーム名はいかにもJリーグ然としたものになっている。2チーム合併のクラブであるから、「パリ・サンジェルマン」のように「八戸・南郷」とすることもできたし、あるいは「八戸南郷ユナイテッド」などとする手もあったわけだが、選択されたのはご多分に漏れずラテン語系の響きのものとなった。
この「ヴァンラーレ」、やはり造語であるようで、公式サイトでは次のように説明されている (原文ママ)。これが何度読んでも良く分からない。

■ イタリア語で起源を「デリヴァンテ」南の郷を「アウストラーレ」。
■ チームの起源は「八戸と南郷」という意味を込めての造語。  

要するに「起源」と「南郷」を合体させたものだということなのだが。チームの起源が「八戸と南郷」であるなら、合体させるべきは「八戸」と「南郷」ではないのか。何故「起源」とくっついてしまうのだ。それもくっついたのは「南郷」のみ。どう考えても異様である。「材料は醤油と砂糖」だというのに、砂糖だけ鍋に入れて、そこに「材料」なるものを投入しようとするようなものだ。「材料」を探し回りキッチンをうろつく馬鹿に、醤油と砂糖が「材料」なのだと教えてやりたくなる。
そして、そのくっつけ方である。「デリヴァンテ」と「アウストラーレ」がくっついて、「ヴァンラーレ」となったということは、「デリヴァンテ」からは「デリ」ではなく敢えて「ヴァン」を引っ張ってきたわけだ。「デリラーレ」ではちょっと面白い感じになってしまうという判断だったのかもしれないが、「ヴァンラーレ」でも十分面白い。

エンブレムも紹介しよう(右)。
f0072368_22211124.gifデザインについての公式サイトの説明は以下の通りである(原文ママ)。

■八戸と南郷の特産物である、イカとその足を南郷のそばに見立ててボールをキャッチしている。
■背景は八戸の海・青、南郷の緑
■トップチームの母体である八戸工業SCと南郷FCの合併の意味と背景の八戸(海・青)から息吹が出ているのはここが始まりである。という意味

一つ目の説明については、おかしな文章になっているが、八戸の特産物「イカ」の足の部分を南郷の「蕎麦」に見立てて、このイカがサッカーボールをキャッチ、ということだろう(イカはGKだろうか)。「イカそうめん」というものが存在するにも拘らず、果敢にもイカを蕎麦に見立てたわけだ。また3つ目の説明では、八戸から出る息吹が「ここが始まりである」ことを表しているとあるが、チームの起源は「八戸と南郷」である。八戸だけでなく南郷も「始まり」なのだ。であれば、息吹は南郷からも出ていなければならない。

などとガタガタと抜かしてしまい、おまけにエンブレムまで勝手に貼り付けてしまったが、よくよく考えればこれは造語なのだ。造語だからなんだっていいのかもしれない。ということで、イカの足がJリーグに届くその日まで、頑張れヴァンラーレ。
公式サイトのクラブ紹介のページ
[PR]
by sporting_emoto | 2009-04-21 00:11 | Football
意味などない
なんとあのコロンビアのGK、イギータが現役に復帰しているらしい。いや、引退したことも知らなかったから復帰もなにもないのだが、ともかくいまだ現役であることに驚いた。イギータは80年代のトヨタ杯や90年イタリアW杯の時に見ていたから、昔のプレーヤーという印象があり勝手に引退しているものと思っていたのだが、まだ42歳だったのだ。現在、自国コロンビア1部リーグのデポルティボ・ペレイラというチームでプレイしているのだという。

レネ・イギータ。ホオジロの巣のカッコウのように、自分をフィールドプレーヤーだと勘違いしているGK。「攻めあがるGK」であり、「持ち過ぎるGK」である。自陣ゴール付近でフェイクを入れたり、ドリブルすることなど日常茶飯事。興に乗るとそのまま持ち上がってクロスを上げてしまったりもする。ピッチ上でただならぬ妖気を放つその姿は、異端のGKというより異形のモノだ。中でもとりわけ強烈なプレイは、やはりイングランド代表との親善試合で見せた「スコーピオンキック」だろう。聖地ウェンブリースタジアムの厳かな雰囲気にも臆することなく、いつも通りやたらと前に出てくるイギータを見て、イングランドの選手が大きなループシュートを狙う。蹴った選手の意に反し、ボールはイギータの丁度頭上辺りに落ちてくるのだが、この山なりの本来なら両手でキャッチするのにおあつらえ向きのボールを、イギータはまさしくサソリのように、両手を広げ反り返ってジャンプすると、揃えた両足のかかとで弾き返してしまうのだ。軽々とキャッチできて、パンチングですら馬鹿かと怒られそうなボールをである。最高としか言いようがない。

サッカーに限らず、意図の感じられないプレイというものは奨励されざるものだ。が、スコーピオンキックには本当に一切の意味が無い。これに勝る無意味なプレイというものを私は見たことがない。イギータはフィールドプレーヤーのような動きを求められる現代的なGKのはしりなどと言われることもあるが、そういうことではない気がする。
イタリアW杯のカメルーン戦にて、ロジェ・ミラにかっさらわれて失点するという大失態を犯しておきながら「今後もスタイルを変えるつもりはない」と言い切ったこのGKは、きっと今でも攻撃的で、奇想天外で、意味などなくとも魅力溢れるプレイの数々を披露し、観客を沸かせていることだろう。

◆スコーピオンキック

◆イギータ・プレイ集(含 大失態、スコーピオンキック)
[PR]
by sporting_emoto | 2009-03-26 00:39 | Football
オモイイレ
「ウイニングイレブン(以下ウイイレ)」には思い入れが大きい。これはもう並大抵のものではない。新作が出れば必ず購入し、ハードもそれに併せてアップグレードする。云わば信者のようなもので、モデルチェンジの都度、微細な変更内容に一喜一憂し、気に食わない部分には不平を訴えつつも結局は体に覚えこませることを常としてきた。プレステ2のオンラインサービスが終了した時などは、この世の終わりかとばかりにモニターにしがみつき、声を上げて泣き明かしたものである。「Winning Eleven」 というタトゥーを胸元に入れることを検討したことだってある。今やハードも多様化し、それぞれで最新版が出される時代になったが、それでも当然最新作はXBOX360版で所有している(ウイイレ2009)。

かように盲目的に信じ、愛してきたウイイレである。が昨年末、常々気にかかっていたEAスポーツのFIFAシリーズに、ついにひょいと手を出した(FIFA09)。
するとどうだ。これが、とんでもなかった。長年のウイイレ信仰が、ガラガラと音を立てて崩れ落ちた。あまりにも素晴らしいのだ。スペースに走る選手のコースどりも良いし、それについていくディフェンダーの動きも良い。ボールの軌道やはずみ方も申し分ない。タイミング良くチェックをすれば、簡単に前を向かせることもないし、逆にタイミングが悪ければ簡単に前を向かせてしまう。サッカーの面白さが見事に再現されている。もちろんウイイレも見事なのだが、FIFA09は明らかにレベルが違う。それを軽く凌駕してしまっている。これは最早ゲームではない。ゲームだが。
また、実際の移籍情報や調子が自動で反映されてしまうことや、1部リーグのチームのみならず、各国の下部リーグのチームまで盛り込まれている点にも、やはりときめかざるを得ない。おかげで、かつて試合を見たLRアーレン(ドイツ2部、現RWアーレン)やウィコム・ワンダラーズ(イングランド4部!)なども使用できてしまうのだ。さらに視点が端からワイド(引きの絵)なのも素晴らしい。これまでデフォルトの視点をワイドにせよと一貫してキーキーと主張してきたが、時代は変わった。

FIFA09は、対戦相手に欧州の人がやけに多い。これがまた俄然高ぶるのだ。それらの戦いの記録をまとめた。目指すは、アドフォカート・ゼニトやゼーマン・レッチェや大木・甲府やEURO08・ロシア代表のようなコレクティブなチームワーク・フットボールである。FIFA09ならこれが出来る。ウイイレでも出来てたが、より出来る。

[PR]
by sporting_emoto | 2009-03-08 02:34 | Football
春の新色
イタリアで「オレンジカード」の導入が検討されているという。JRの同名のカードを想像してしまうが、そうではなくイエローカード(警告)とレッドカード(退場)の中間ということで一時的な退場を意味するのだという。退場時間を実際に何分にするかは未定とのことだ。
しかしまた、随分と近い色を選んだものである。イエローとレッドの中間となれば確かにオレンジがそれに当たるとは思うが。もっと全然違う色、例えば寒色系の青などにするという考えはなかったのだろうか。こう似たような色だと、直射日光やナイトゲームの逆光の下では見間違えてしまいそうだ。レッドを出して退場処分にしても、見間違えの所為で、10分もすれば平然とピッチに戻ってきてしまう選手もいるのではないか。そうなると当然主審は、お前はオレンジじゃなくてレッドなんだよと、もう一度レッドカードを見せて教えてあげなければならない。再び退場したその選手、それでもやはり見間違えていてその10分後に再度ゴキブリのように出てきたりしそうである。またその逆に、オレンジを出したのにレッドと見間違えて、時間になっても一向に戻ってこない選手も出てくるだろう。第四の審判あたりがその選手のシャワールームのドアを叩き「オレンジだったんですよ。聞こえますか?」と声を張り上げて教えてやったりしなければならなくなるかもしれない。

この一時的退場は、「シンビン」という名で既にラグビー等では一般的なものだ。ベンチに座って反省させられている感じがなかなかに間抜けな、でも有効な制度である。もし本当にサッカーへの導入が実現するならば、より御仕置きの意味合いを濃くするために、退場時間中には運転免許の違反者講習で見せられる交通事故のドラマのような、悪質なファウルの危険性を訴えるドラマを見てもらうのもいいだろう。ドラマの迫真の演技に感極まり、選手によっては涙を浮かべてピッチに戻ってくるかもしれない。

素晴らしい試合が、退場者の所為で一気に興味をそぐ内容になったりすることは少なくない(人数の減ったチームが、麻雀の「ベタ降り」の如く攻撃を放棄して守備に専念する等)。本当にオレンジになるのかどうかはともかく、新色のカードはそのような事態を減らすこともできる画期的なものになる可能性を秘めている。
[PR]
by sporting_emoto | 2009-02-25 22:53 | Football
Beautiful Name
スネオ  → ホネオ
ジャイアン → ジャイアント
シズカ → シズコ

これは私の父の言い間違えなのだが。これ程までではないにせよ、人の名前を言い間違える、あるいは忘れる、ということは誰にでもあるだろう。いざ呼びかけようとすると、その人の名前が出てこず、しばし考えて思い出した後に改めて話しかけるというような経験をお持ちの方も少なくないと思う。

イングランドプレミアリーグのニューカッスルの選手は、監督が試合後のテレビインタビューで、自身の名前を正しく発音しなかったことに腹を立て、他チームへの移籍を果たした(ウィガン・アスレチックへ)。
選手の気持は分からないでもない。言い分としては恐らく「監督にとって大事な選手であるならば、名前を言い間違えるはずがない。存在自体を軽んじているのではないか?」というようなことなのだろう。ただ、それにしてもこれはあまりにヒステリックな反応に思える。先述した通り、名前の言い間違えや覚え違いは誰にでもあることだ。チームを飛び出してしまうとは、やはり怒り過ぎではないか。
選手の名は「エンゾグビア」。若さ溢れるアフリカ系フランス人MFだが、実際覚えにくそうな名前をしている。ということで、「私は舌がよく回らず、しょっちゅう言い間違いをしている」と語った監督に同情したくもなる。

エンゾグビア選手との交換トレードにより、ウィガンからはテイラー選手がニューカッスルに移籍した。「テイラー」なら「エンゾグビア」に比べると格段に簡単な名前で、監督も呼び間違えの心配がないだろう。とは思うが、この監督のことだ。これも言い間違えて、ベイダーだのボイラーだのとやってしまう可能性はある。そうなればテイラーともさよならだ。いつしか、監督は名前を呼ぶことに恐怖を覚えるようになり、「おまえ」とか「あいつ」とか「右サイドのでかい奴」とか「中盤のハゲ」などとしか言わなくなるかもしれない。それはそれで選手の怒りを買いそうである。
[PR]
by sporting_emoto | 2009-02-04 22:33 | Football
ドラドラ
味の素スタジアム、フクダ電子アリーナ、クリネックススタジアム、正田醤油スタジアム、京セラドーム。これらに共通するものが何かお分かりになるだろうか。全て、ネーミングライツ(命名権)を買い取った企業によって名称を変更されたスタジアムである。このように企業名や商品名を冠したスタジアムは、日本では日韓W杯の後ぐらいから徐々に現れ始め、今では野球用でもサッカー用でも各地に林立する。
JFLのガイナーレ鳥取が、とりぎんバードスタジアムとともにホームとしている米子市営東山運動公園の東山陸上競技場も、ご多分にもれず、このネーミングライツにより今月初めから呼び名が変更された。製菓メーカーによって付けられた公園の新名称は「どらやきドラマチックパーク米子」、略称「どらドラパーク米子」である。園内にあるスタジアムはこれに伴い、「どらやきドラマチックパーク米子 東山陸上競技場」という名前になったという。

堅苦しさが取れてソフトで明るい印象になったとも言える。が、格式ある運動公園がふざけた名前になったという言い方もできなくはない。違和感は少なからずある。まず、やや長い。「どら焼き」と「ドラマチック」をくっつけて「どらマチック」とすることも出来たはずだ。また、「運動公園」を易々と捨て去ったことにも疑問を感じる。「運動公園」であれば、「どらやきドラマチックスポーツパーク米子」とすべきではなかったか。これだと「パーク、スポーツ、米子、ドラ2」で満貫確定、ツモれば跳満、盛り込みすぎで何がなんだか分からなくなってしまうが。スタジアム名は、正式には「米子市営東山運動公園 東山陸上競技場」から「どらやきドラマチックパーク米子 東山陸上競技場」へと変更になったわけだが、これもなんか間抜けだ。実際に名称が変わったのは公園だけで、園内にあるスタジアム自体の名称は元のままなのだ。おかげで「東山陸上競技場」だけが妙に真面目くさっていて、遠足にビジネススーツで現れたような印象を受ける。そして違和感の極めつけは、なんといっても「どらやき」と「ドラマチック」の相容れなさだろう。一概には言えぬが、やはりイメージとして「どらやき」は「ドラマチック」ではない。その所為で固有名詞として融合せず、それぞれがくっきりと浮き上がってしまっている。

などとガタガタと抜かしてきたが。数年も経てば、日程表片手に「次節はどらスタか。」などと当たり前のように呟くようになっているのかもしれない。そうして何故か現地へ赴むくと、どら焼き型のコースターかなんかに勇んで乗り込み、ドラマチックに遊びまくったりしているのかもしれない。
[PR]
by sporting_emoto | 2008-11-25 23:14 | Football
Yes We Can
ナビスコ杯決勝で、大分トリニータが清水エスパルスを2-0で下し、クラブ史上初のJリーグタイトルを獲得した。九州のクラブがタイトルを獲得したのはJリーグ史上初の快挙だという。これはもう手放しで賞賛したい。もし「Can You Celebrate?」と問われれば、「Yes We Can.」と答えよう。手堅い守備でMy Revolutionを成し遂げたのだから。大いに祝福したいと思う。ヒューヒュー! 大分のファンはさぞかし誇らしく、「I’m proud」とでも言うべき心境なのではないだろうか。

「プロビンチャ」と言われるような非中央の中小クラブも、時にはムーブメントを起こすべきだと日頃より思っている。リーグ全体の底上げになるし、なによりジャイアントキリングと呼ばれる大物食いは実に痛快だからだ。そして他の中小クラブには、確固たるスタイルを持って戦えば、やれるのだという自信にもなるだろう。そうなのだ、大分には明快なスタイルがある。パスコースとシュートコースを確実に切り、馬鹿みたいには飛び込まない。リスク少なくボールを奪うと、一気に美しいカウンターを仕掛ける。その姿勢は、実にGet Wildだ。
チームマスコットである亀のように、チームは一歩一歩着実に力を着けてきた。その成果が、結実したわけだ。大分ファンはこの日ほどに、チームにいとしさと心強さを覚えた日はないだろう。その夜は、熱い夜だからということで、クレイジーに、ゴナクレイジーに踊り明かしたことと思う。
大分はもっともっといける。なんせ彼らにはJリーグを獲るチャンスも残っている(首位に2ポイント差の4位という好位置)。勝ち点5差に6チームがひしめくJ1のサバイバルダンスを勝ち抜けば、2冠の偉業達成となる。
ヒューヒュー!

かつて大分トリニータのスポンサーを務めていた小室哲哉氏が逮捕されたのは、このわずか3日後のことである。 05年の小室氏のスポンサー料未払い問題で、その存続自体が危ぶまれたチームは、憑き物が取れたかのように見事に立ち直り栄光を掴んだ。心強さと、切なさを覚える。
[PR]
by sporting_emoto | 2008-11-05 21:47 | Football