これはもはやゲームではない
ゲームだけど。

本日購入。早速試してみた。
ウェーブっぽい動きは相変わらず皆無とはいえ、オフサイドラインをかなり気にして
動き出してくれるFW。しっかりゾーンで守るディフェンス、そして的確なカバーリング。
前作のような超人ではなくなったGK。はずむボール。素晴らしい。
いやはや、これは最早ゲームではない。
ワンツーで走り出した選手を使わず、別の選手へスルーパスをダイレクトで出せるのも最高。
前作まではダイレクトだと必ずワンツーになってしまうため、別の選手へは一度トラップしてからパスを出していたが、その所為でタイミングを逸することがかなり多かった。この静かな改良は本当に素晴らしい。
が、不満ももちろんある。ワンタッチで出したい時に余計なトラップをしたり、
ワンタッチでも時間をかけてから触ったりする。そして、浮き玉をダイレクトでパスしようとすると、プレッシャーのないところでも頭で出すことが多過ぎる。プレッシャーないのだから足を使えよと言いたい。
が、今回、気になる最大の点は×ボタンの精度だ。なんだこれは。思ったところにいかないことが異常に多い。
とんでもないミスパスをやらかす危険性があまりにも高い。
総じて素晴らしいが、これはあまりにも不安。勘弁してほしい。
この一点をもって優勝する自信を完全に失い、静かにショックをくらっている。

ところで、Googleの検索でWorsd Cupがひっかかるようになったのはご存知だろうか。
是非お試しいただきたい。試さなくても全く構わないが。
これまで「Worsd cup」で検索し検出されるものといえば,友人roman氏作成のトップページ(Worsd cupを名乗るいかがわしいダミーサイト。その実体は単なる画像保管庫)のみだった。
私はその度に,頭をかかえ,地団駄を踏み,モニターに唾を吐きかけ悔しがったものだ。
ついにやったぞ。まずは報告まで。
[PR]
by sporting_emoto | 2005-03-25 01:43 | Football
<< 対イラン 開幕 >>