白岳
「ロアッソ熊本」に名称変更予定のロッソ熊本の胸スポンサーが話題になっている。スポンサーとしてチームを支えてきた酒造メーカー、高橋酒造の看板商品である球磨焼酎「白岳」が、ユニフォームのシャツの胸に載っていることにイチャモンがついたのだ。焼酎のような酒類は子供達にはふさわしくないということで、Jリーグとしてはこれを認めないという。

一概に酒類がダメなわけではない。東京Vのシャツの胸には一時期サントリーのビール「MALTS」が大きくあしらわれていた。またJリーグではないが、日本代表の練習着にはKIRINのロゴが入っている。ビールがよくて何故焼酎はダメなのか。ワインはどうだ。日本酒はもっての他か?ウィスキーはどうだ?料理酒もだめか?考え出したらキリが無い。基準は実に曖昧で、Jリーグの判断には疑念の余地が大いにあるのだ。
それでも、高橋酒造はこのような反論を特に行なうこともなく、甘んじて胸スポンサーから撤退するという。そして、胸スポンサーではなくなることで大きな宣伝効果を失うことになるにも拘らず、 チームをこれからもサポートし続けると宣言しているのだ。なんとも熱い企業である。熱くて、やさしくて、円やかだ。

ロッソ熊本の選手達はこの思いに応えなければならない。
シャツの胸がダメだというのなら、思い切ってピッチで実際に「白岳」を飲んでみてはどうだろう。ライン際によく飲物を転がしてあるのを目にするが、あれを水やスポーツ飲料ではなく「白岳」にするのだ。プレーが途切れた時に、ちょくちょくそれを飲めばいい。出場選手だけでなく、監督や控えの選手も機を見て一杯やるといいだろう。ピッチ上にはぷーんと豊潤な香りが漂い、ベンチ付近はにわかに賑やかになる。選手達の足下は徐々にふらつき、トラップは大きくはずみ始める。コーナーフラッグを引っこ抜き、振り回しながらプレイする選手や、ゴールを決めた瞬間に吐き散らす選手も現れるだろう。ゴールキーパーなどは、やたらと頻繁に飲む所為で、ほとんどの時間をポストにもたれて座り込んで過ごし、後半は寝ているかもしれない。
このような状況では、当然失点は半端ではないだろう。勝ち点は望むべくもない。が、俺達は「白岳」を愛しているというこの強力なメッセージは、きっとJリーグ幹部の心を大きく動かすはずだ。
[PR]
by sporting_emoto | 2007-11-22 21:20 | Football
<< ペキング アッソでもいい >>