五十四番目の宿場
岩本輝雄のアビスパ福岡入団はどうやらまるっきりのガセであったようだ。どこかの記者の勘違いで、報道されてしまったものらしい。期待してしまっていただけに、なんとも残念な話しだ。やはり34歳での長いブランクからの現役復帰は非現実的なんだろうか。

と思いきやである。今度は、ニュージーランドのクラブ、オークランド シティ FCへの入団が決定したという。昨年、キング・カズがシドニーFCに超短期間のレンタル移籍をしたが、あれと同じことをやろうということのようだ。つまりトヨタカップ出場を目的としたワンポイントリリーフである。これはもう、客寄せのパンダとしての入団であることは確実であるし、最早パンダになれるのかどうかすら疑わしい。
が、なんでもいいではないか。舞台は天下のトヨタカップなのだ。2年間充電したパワーを左足に込め、我々を驚かせてほしいものだ。

東海道は世界へ続いていた。
岩本よ。世界の舞台へ、てくてく歩け。
[PR]
by sporting_emoto | 2006-10-20 11:04 | Football
<< 造語 受信に成功せり >>