東海道中膝蹴毛
なんと岩本輝雄が再びJリーグのピッチに戻ってきそうだ。それも舞台はJ1。アビスパ福岡が獲得に乗り出しており、近く正式に契約がまとまる見込みだという。
これには驚いた。驚いたと同時になんとも嬉しいニュースだ。

テレビや雑誌で岩本を見かける度、「無所属ながら未だ現役、チームを探し中」というそのプロフィールはいかにも疑わしく、眉に唾をつけてかかった。最近では、ウイイレ10のピッチレポーターとしてゲームの中に登場してみたり、東海道五十三次を踏破するというNHKのテレビ企画に出演してみたりと、およそ現役の選手とは思えない行動が目立っていたからだ。東海道中で道行く人と会話を交わす普段着姿の岩本を見た時には、引退した感があり過ぎて、こりゃもうないなという思いを強くしたものだ。ところがどっこいだった。大した男である。
あるいは東海道を歩きながら、Jリーグクラブのクラブハウスを歴訪し、飛び込みの営業でもしていたのではないだろうか。その際には、かつて所属した平塚や京都にも当然行ったはずである。結局、決まったのは東海道の遥か先、福岡ということになったが。東海道中で決めらなかったので、大阪や広島を経由し、ついには福岡まで歩いていってしまったのかもしれない。見上げたものだ。

復帰戦が実に楽しみだ。
あの高精度のキックと激しく図太いプレーを再び見せてほしい。
[PR]
by sporting_emoto | 2006-08-21 17:41 | Football
<< 代表農場 人生とはオンラインであり、オン... >>