ロマニョーリ
f0072368_1274425.jpg
レアンドロ・ロマニョーリ。
10代にして名門サン・ロレンソの10番を背負い優勝に貢献。01年ワールドユースにては、アルゼンチン代表の10番として、コロッチーニ、ダレッサンドロ、サビオラ、マキシ・ロドリゲスといったそうそうたる面子の中で一際輝きを放ち、ここでも優勝の原動力となった男。

アルゼンチンリーグでのプレーをテレビで見るにつけ、その妙技に感動させられっぱなしだった。一頃はフル代表にも召集され、将来は世界的なプレーヤーになると確信していたのだが。怪我をして以来、サン・ロレンソのゲームでロマニョーリの姿を見ることはなくなり、メキシコのクラブに移籍してからは名前を聞くことすらなくなってしまっていた。リケルメやアイマールの系譜に属する天才MFであることは間違いない。なのに何故世界の桧舞台に出てこないのだと常々もどかしい思いをしていた。それゆえ、時折思い出してはググり、また思い出してはググるということを繰り返していたのだが、いつ見ても変わり映えのしないわずかばかりの情報が示されるばかりで、最近はそれすらもしなくなっていた。
f0072368_128924.jpg
で、本当に久々に検索してみたところ、ついに出た。昨年12月にスポルティング・リスボンへ移籍したそうである。これは熱い。その勇姿を再び見られるではないか。それも欧州の舞台でである。さらには、スポルティング・リスボンはスーペルリーガで現在2位につけており、このままいけばCL本選へ出場することになる。これ以上ない桧舞台でロマニョーリの躍動する姿が見られるかもしれない。来期が俄然楽しみになってきた。


***

しかしアーセナル×バルセロナときたものだ。それでなくても鼻血が出そうなカードだが、CLの決勝での対戦である。鼻だけでなく全身から血を吹上げて死んでしまいそうだ。
[PR]
by sporting_emoto | 2006-04-28 18:54 | Football
<< UEFA CL ANTHEM スライディング考 >>